株式会社 フィオレ
入口ページ > 式の流れ(臨終~通夜)

式の流れ(臨終~通夜)

臨終から通夜まで(仏式を基にした葬儀の流れ)

臨終のあとで

医師による臨終の告知
末期の水
  • 医師が臨終を告げたら、死亡診断書作成を依頼
  • 末期の水を取り、遺体を清め、頭髪・衣服を整えます
  • 霊安室へ移動
  • 親族・知人・関係者へ連絡(知らせる相手の範囲と、通知の順番を決めておきます)
  • 葬儀社を選択、決定
  • 遺体の安置場所を決めます(自宅か斎場か)
  • 遺体を見守ります
  • 病院関係者へあいさつ、お礼をします
  • 遺体の移送
    • 事故死、変死の場合は警察に連絡します
    • 遠方や海外で死亡の場合、移送も含め検討します

通夜・葬儀内容の検討、決定

  • 喪主の決定、葬儀形式の検討(宗旨、日程、予算など)
  • 世話役の決定、依頼
  • 菩提寺の確認(ない場合や遠方の場合は、近くの末寺に依頼します)
  • 通夜、葬儀・告別式の日時・式場決定(自宅・寺院、斎場、集会所など)
  • 会葬礼状の枚数、粗供養品(通夜・告別式分)決定
  • 葬儀の内容、規模により見積もりをもらいます(追加分も考慮します)
  • 車輛の手配、打ち合わせ(寝台車、霊柩車、マイクロバス、タクシー駐車場など)

通夜・葬儀の準備

遺体安置
枕飾り
納棺
  • 火葬場の申し込み ― 死亡届を役所へ提出
    火葬(埋葬)許可書を受けとります
  • 遺影写真の選択、引き伸ばしを依頼します
  • 遺体を安置し、枕飾りの準備をします
  • 死装束に着替え、死化粧をします
  • 近親者で納棺します(棺の蓋は出棺時まで打たずにおきます)
  • 祭壇・式場設営(供物供花、花環、献花の手配)
  • 通夜ぶるまい、精進おとしの料理・飲み物の手配・貸し衣裳の手配(希望により)
  • 死亡広告(葬儀社または広告代理店への手配)
  • 役割分担(受付、会計、司会、接待、配車など)を依頼します・用具、記録帳などの準備
  • 弔辞は早めに依頼します
  • 焼香順序、弔電披露の順序確認・火葬場への同行者、配車台数の確認
  • 忌中札と道案内札の表示をします
  • お布施と心付けを準備します
受付準備
忌中札と道案内札

通夜

弔問客の焼香
  • 僧侶へのあいさつ、応対(茶菓で迎えます)
  • 僧侶の読経開始
  • 弔問客の受付を始めます
  • 喪主、遺族の焼香を始めます
  • 弔問客の焼香を始めます
    • 僧侶の法話・説教がある場合も会場の状態によって席次を決めておきます
  • 読経終了後、世話役は僧侶を別室に案内します
    • 弔問客の香典袋は祭壇の上に置きます
  • 僧侶退場の後、喪主か親族代表が弔問客にあいさつ、謝辞を述べます
  • 故人への供養として、軽食を用意し、通夜ぶるまいを行う場合もあります
  • 弔問客には粗供養品を渡します
  • 葬儀の準備・手配の点検・確認をしておきます
  • 遺体を見守ります